映像データの保存

2017.06.28 | | 映像データの保存 はコメントを受け付けていません。

ネットワークカメラで撮影された映像データは、およそ何時間分が保存されるのか気になる方も多いと思いますが、カメラの機種や画質、保存方法によって大きく変わってくるため、一概には言えません。家庭用のネットワークカメラであれば、本体にSDカードを挿入して、そこに映像が記録されるものが多くあります。SDカードの容量次第で保存できる時間はそれぞれ違います。外付けのハードディスクに対応している物もあり、その場合はさらに多くの映像を残すことが可能になります。

また、近年人気なのが、クラウドサーバーにデータが保管されるシステムのものです。サーバーの利用料金がかかりますが、映像がクラウドに保管されるため、SDカードのような記録メディアを購入したり、容量が一杯になったメディアを交換したりする必要がなくなります。

クラウド型のネットワークカメラは多くの場合、映像の保存期間が定められています。記録として残しておきたい映像は、パソコンやSDカードなどにバックアップしておきましょう。また、クラウドを利用する際に最も大切なのは、セキュリティです。プライベートやさまざまな保管情報が含まれる映像のため、パスワードなどの取り扱いには十分に注意して利用しましょう。




Comments are closed